母乳が足りなくなること

親子

母乳不足を感じるときに知っておくと良い情報はいくつかあります。まず、大半の人はおっぱいに母乳がある状態であり、赤ちゃんの吸い付きの悪さや赤ちゃんの胃袋が小さくてなかなか飲めないことから母乳不足であると感じてしまいます。ですので、最初のうちは授乳回数が多くなっても良いのでしっかりと飲ませることや、乳首をケアすることなどが母乳不足感の解消につながっていきます。さらに、もし授乳中に寝てしまったら、次の授乳のために搾乳をしておくことで次の母乳が作られやすくなります。最近では母乳外来を設けるような産婦人科も増えてきています。自己判断で母乳が足りていないとして母乳育児を辞めてしまう前に、しかるべき専門家に相談することが有効です。

赤ちゃんの吸い付きが悪くてなかなか母乳育児がうまくいかない場合は、搾乳をしておくことで次の母乳を作ることができます。手動で搾乳をすると疲れますので電動搾乳機を使用するとスムーズに搾乳できます。最近ではレンタルもありますのでそのようなものを利用します。母乳不足を感じる方は母親の食生活に原因がある場合もあります。母乳の分泌を促すハーブティーなどを利用して水分をしっかり取ることが必要です。心身の疲労により母乳不足を引き起こす場合もありますので家事や育児を身近な人にサポートしてもらうなど十分な休養を取ることが母乳分泌にもつながります。最近では母乳分泌を促すためのマッサージやサプリメントなどもありますので、利用することによって母乳不足を解消できます。

Copyright© 2017 話題のおすすめ製品CHECK!│プロテインから水素水まで All Rights Reserved.